よくあるご質問

ボードゲーム編

対象年齢が8歳からとなっておりますが、小学1年生でも使えますか。

子どもたちのみでゲーム進行可能な年齢を8歳くらいとしております。保護者の方と一緒にゲームを進めていけば低学年のお子様でも可能です。動詞と目的語の単語の使用枚数を初めは2、3枚と少なくしお子様の出来るわかるを徐々に増やしてあげるといいです。


親が英語がわからないですが出来ますか。

無料でYouTubeの動画がご覧になれますので、お子様と一緒に確認していただくといいです。発音・意味・例文動画で単語だけの知識だけでなく文として理解を深めていただくといいです。


間違った英語を言っているのではないかと感じる時どうしたらいいですか。

主語動詞目的語の語順を覚えることをまずメインしていただくといいです。発音が間違っていてもまずは英語の語順をゲームを通して少しずつ慣れていただけるといいです。その場合、正しい発音を確認するためにYouTube動画もございますので、ゲームを始める前や、ほんの5分10分のスキマ時間にご覧になられた後、ゲームを進めていただくとスムーズです。


どれぐらいの頻度でやればいいですか。

お子様の望む回数が一番です。ゲームの形で英語の勉強をしていただく目的は、お子様ご本人のやりたいという意思が最も大切だと思います。無理なく強要せず少しずつやっていかれるといいです。


キモイエイタンゴカード編

どの級のカードからやるのがいいですか。

現在、英検®5級は中学1年、4級は中学2年、3級は中学3年くらいが学校で使用されるテキストの目安となっておりますが、今年度(2020)より、小学高学年より英語が学校の教科(成績がつく)となったため、その目安が少しずつ変化していくと思われます。英語に触れるのが全く初めての小学生はボードゲームから始められ、5級カードを追加購入されるといいです。経験がある方は4級からチャレンジしてみるのもいいです。3級の動詞、日常生活編、句動詞編は表現方法に広がりが出るので英語の力がほどよくついてきたかなと思うころがおススメです。


動詞カードの他に名詞や形容詞のカードがあると便利だと思いますが、新しく作られる予定はありますか。

現在、動詞のカードをメインで作成しております。名詞や形容詞の作成は今のところございません。英語で表現する際、動詞の理解が重要と考えています。4級または3級を学習するくらいに、日常生活編・句動詞編を取り入れ、普段の生活でよく使われる表現をマスターしていくといいです。